【短編小説】眠り姫

志賀鷗文さんの短編作品

現在、ステジオポラリスにて、「星詠みと流星のステラ」の原画を担当している志賀鷗文さんが、短編小説「眠り姫」を公開。

医務室で、まるで彫像のような美しさで穏やかに眠る少女と、そしてそれを見つめる少女。
妖艶で、どこか恐ろしい幻想的な二人の世界が、耽美的な文章で描かれた短編小説はこちらから↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクリエイターの間をフォローしよう!